Liquidware Stratusphere UX最新バージョンがリリースで拡張!

グレイス・クロキダス(Liquidware社)によって2022年3月30日に投稿されました

先週、デジタルワークスペース管理の先駆けであるLiquidwareは、最高のデジタルエクスペリエンス監視ソリューションのバージョン6.6をリリースしました。 Stratusphere UXの最新バージョンには、次の重要な機能と指標が含まれています。

・Windows11ハードウェア互換性インベントリ

昨年の秋、MicrosoftはWindows11オペレーティングシステムをリリースしました。 新しいOSでは、CPUクロック、コア番号、ビット幅と生成、RAM、ディスプレイサイズ、解像度、Direct X 12 / WDDM 2、色深度、セキュリティ(UEFIとTPM 2.0)などの主要なリソースコンポーネントに制限があります。 その他。 Stratusphere UXは、このOSとのアップグレードの互換性を判断するために、会社のフリート内の各マシンでこれらの制限のそれぞれに関する情報を収集します。 収集した情報は、はそれぞれの非互換性を強調しています。 これを元に、アプリケーションの再インストールやデータの復元を伴う、インプレースアップグレードまたはイメージリフレッシュのどちらを実行するかを計画するためのガイダンスを算出します。


Stratusphere UXは、拡張されたメトリックデータを使用してWork fromAnywhereWFXシナリオをサポートします。


●どこからでも入れる拡張された作業メトリック

Stratusphere UX 6.6に、マシンの場所、ユーザー入力遅延、マシンのローカルユーザーアカウントなど、どこからでも新しい作業(WFx)メトリックが追加されました。

●ダッシュボードウィジェットの機能強化

新しいサンキーダイアグラムウィジェットがダッシュボードに追加され、データの関係を1対多、多対多、および多対1の視覚情報で表示します。

●更新されたOS

Stratusphere UXは、セキュリティへの継続的な取り組みの一環として、CentOS8に代わるOracleLinux8オペレーティングシステムで実行されるようになりました。現在、Stratusphere UXは、その測定基準データの深さと広さにおいて市場で他の追随を許さず、この分野の主要な診断ツールとなっています。


●STRATUSPHEREUXのユースケース


顧客は、このソリューションの環境を使用、拡大し、初期からより多くのデータをもとに、継続的に情報を収集できるようになります。

●オンボーディング

次世代のワークスペースへの移行を余儀なくされる理由としてIT部門の最初の質問は、「現在のデスクトップインフラストラクチャを次世代(物理または仮想)デスクトップに移行できるかどうかをどのように判断できるか」です。 オンボーディングフェーズはその質問に答え、物理から仮想、仮想から仮想、物理/仮想からクラウドへの移行を成功させるための条件項目を算出します。

●フォレンジック診断とヘルスチェック

次世代のワークスペースインフラストラクチャの問題の根本原因を突き止めることは、困難で、多くの場合非常に煩雑なプロセスになる可能性があります。 Stratusphere UXは、ヘルスチェックと呼ばれる手順を実行するように独自に設計されています。

●アプリケーション戦略

Stratusphere UXは、アプリケーション戦略の作成における重要なステップもサポートします。

アプリケーション戦略の初期段階において、アプリケーション・インベントリを理解し、ターゲット・アプリケーションの消費指標を評価できるようにすることは、必要な基盤です。これは、ベースラインとオンボードユーザーを検討する際にも重要なステップとなります。

●システムの合併・導入のシナリオ

Stratusphere UXは、組織が別の会社と合併または新しいシステムを導入したときに、なじみのない環境の評価を提供するために使用されてきました。既存のデスクトップ環境のインベントリを取得することで、組織は標準的なデスクトップ・イメージを計画し、適切なインフラを選択し、すべてのユーザに対して一貫したプラットフォームをスムーズに展開することができます。

●セキュリティポスチャレポート

多くの企業は、エンドユーザ・マシンのセキュリティ・ポスチャーに関するレポートを作成するために、様々なツールを使用しています。Stratusphere UXには、ファイアウォール、暗号化、アンチウィルス、アンチスパイウェアなどの対策のステータスを1時間ごとに提供できるセキュリティ関連の測定基準が含まれており、最終起動時間、マイクロソフトのアップデートやバージョンなどのステータスも確認できます。