男を強調

PCトラブルシューティングサービス


"遅い" "動かない"の救急サービス

PCトラブルシューティングサービスで実現できること


トラブルを抱えているユーザのPCの使われ方を解析し、トラブルの原因を究明します。                         

CPU, RAM, HDD, IOPS, GPUなどのリソースを解析し、シンクライアント、VDIのパフォーマンス問題の原因を解析します。   


ログイン処理を解析し、ログイン遅延の原因を解析します。                    

ソフトウェアの消費リソースを解析し、性能劣化を招くソフトウェアを発見します。                         

許可なく接続されているUSBデバイスを発見します。                     

リソースを節約することで性能劣化を改善し、対処療法的な設備投資を減らすことができます。            


 

ユーザー・アプリの

使い方を可視化

社内PC環境の過不足を把握し、無駄なコストを削減。

最適なユーザ環境を導き出します。


業種や職種によってユーザのPCの使い方は様々です。また会社購入のものやフリーソフト、個人で購入したものまで多くのソフトウェアが社内で使用されている場合もあります。しかし、会社購入のソフトウェアでも実際はあまり使用されていなかったり、商用利用が許可されていないフリーソフトを利用しているユーザがいたり、許可なく導入した個人購入のソフトがトラブルを引き起こしたりと、ソフトウェアが様々なムダやトラブルの要因になっています。社内のPC環境をきれいにするだけで改善するコストや手間は計り知れません。

従来これらのソフトウェアの使用状況を解析するためには高価な資産管理ツールやプライバシー的な懸念があるログツールなどを導入し、その後膨大な情報の中から人力でデータを収集するしかなく、今も多くの企業が「社員がいつ・何を・どう使っているか」を知らないまま大量のソフトウェアやPCを毎年更新し続けています。PCアセスメントサービスは現状のPC環境の整理・把握を行うことでコスト面のムダを減らし、次への変革を確実なものにします。


 

トラブルシューティングの開始から終了までの流れ


通常の調査期間は約1ヶ月間となります。
常時発生している現象の場合、開始即日で原因が判明する事もあります。

ヒアリング


現状のお悩みやご要望等をお聞きした上で、解析内容とゴールを決定させていただきます。

ツール設定

データ解析


弊社エンジニアがデータ収集ツールをお客様環境に設定します。その後ヒアリング内容に該当する要素を中心に解析を進めます。

結果のご説明


トラブルの原因、要因が見つかった場合、それらの詳細レポートと共にレポートの内容のご説明を実施いたします。
原因・要因が判然としない場合は、対象を別の要素やターゲットに切り替えて再実施する事も可能です。

見つかった問題の詳細分析及び定期分析


問題の根本原因となるソフトやユーザを対象に更に詳細解析を行う事も可能です。また一定期間経過後の再解析や定期解析を行う事も可能です。追加の解析が不要な場合はエンジニアがツールを撤去致します。

 

よくある質問

対象PCの種類は?


アセスメント対象PCの種類は、Microsoft Windows (7以降)、Windows  Server(2008以降)およびMacOS Xを搭載したノートPC、デスクトップPC、サーバーになります。

アセスメントPCの最少数と最大数は?


対象PC数の最少は1台です。コストメリットを考慮すると50台以上を推奨致します。また1万台を超える規模の実施例もございます。大規模環境の場合には期間を必要とする場合もございますので、詳細に関してはお問い合わせください。

収集データに機密情報が含まれる?


主な収集データはPCのリソース情報、アプリケーション情報、ユーザ情報になります。資産管理ツールや監視ツールとは異なりますので、ファイル名やファイルの内容、画面の内容、キー操作のログなどの収集は一切行いません。

 

お問い合わせ

ご予約状況によりご希望の日程での実施が難しい場合がございますので、詳細につきましてはお問い合わせフォームよりご連絡ください。詳細なご説明やレポートのサンプルなどもご覧頂くことができます。

Typing
 
  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn

©2019 by Welfeed all rights reserved