Eyeware.png
人の視線位置を
非接触のセンサーで検知

既存のカメラにセンサーを接続させるので、簡単に導入することができ、さらに消費者の自然な視線の動きを大量に計測することができます。

API連携もできるので他アプリを使ったデータ活用も可能です。

Eyeware

​アイウェア
Eyeware

Output

実際のデータ例

image01.png

​視線のデータを取得する様子

image02.png

商品棚の注目箇所のヒートマップ

image03.png

視線を向けた箇所をナンバリング

Feature

​特徴
アプリケーションとの
連携・開発が簡単

視線データを取得するAPIを標準で提供しているため、ユーザーアプリケーションとの連携が簡単に実現できます。

例えば、見ている箇所に応じて特定のアクションを起こすなどのアプリケーションの開発が可能です。

● 開発言語:Python

● 動作対象OS:Windows 10、Linux Ubuntu 16.04 LTS 以上

image05.png

Others

​他にもいろいろ

3Dcamera
低コストでの導入

低コストの汎用3Dカメラを使用可能。既存の機能とカメラの統一も可能。

headgear
ヘッドギア不要

棚などに設置した3Dカメラを使うため、専用のヘッドギアは不要。顧客に違和感をもたせることなくリアルなデータを取得可能。

security
プライバシー保護

顧客の画像情報は保存せず視線座標のみを記録。

time
長時間の
データ保存可能

数値データのみの軽量なデータのため、長時間のデータも保存可能です。

Demo Video

​デモ動画をご覧いただけます

Use case

こんな時に活用できます

image_01.png
マーケティング分析
image_02.png
UI/UX改善
image_edited.png
業務支援

Marketing analysis

​マーケティング分析

こんなお悩み
ありませんか?
select_w.png
check.png

リアル店舗での消費者のナチュラルな購買行動を数値化したい

check.png

定説や経験による商品陳列ノウハウを数値化したい

check.png

パッケージデザイン、広告、POPの配置などをデータで検証したい

check.png

購買行動調査を手軽に試したい

image07.png
image_01.png
​経験や勘に頼らない、
視線データから分析

従来、経験や勘が頼りだった商品陳列やパッケージデザイン、広告などに対し、視線データの分析から客観的な提案が可能となります。

また、APIを活用してお客様が注目する商品の詳細情報をサイネージに表示するなど、購買意欲を喚起することも可能です。

Advantages

​導入メリット

改善

商品の効果的な陳列、配置、POPの売り場改善

店舗ごとの見られ方の違いの把握と改善

​検証

ゴールデンゾーンの検証、定説の検証

商品のパッケージデザイン、広告などの効果検証

売上向上

適切なPOPと配置による売上向上

個客別プロモーション展開

コスト削減

購買行動調査に関わるコストの削減

image08.png

UI/IX improvement

UI/UXの改善

こんなお悩み
ありませんか?
select_w.png
check.png

券売機・注文端末など、電子メニューの見られ方を把握し、改善したい

check.png

個客の心理に添ったリコメンドアプリなど、新たな価値を創造したい

check.png

操作パネルのデザインを検証したい

image07.png
image_02.png
お客様の視点を検知し、
​アシストを可能に

APIの活用でお客様の視線の位置や動きをリアルタイムで検知し、機器操作のアシストやお勧めの提案(レコメンド)を可能にします。

Advantages

​導入メリット

機器操作のアシスト

ATMや券売機など機器操作のアシスト

レコメンド機能

個客が見ている興味ある商品から、レコメンド機能で新たな提案

回転率
アップ

商品決定スピードの向上で店舗の回転率アップ

image04.png
 
 

Business support

業務支援

こんなお悩み
ありませんか?
select_w.png
check.png

熟練技術者の作業における「注視点」を可視化し、ノウハウを継承したい

check.png

検査工程の見落とし防止や検査記録を残したい

check.png

両手で作業する際に、視線で簡単な操作をしたい

check.png

装着型アイトラッキングを使用しているが、ナチュラルな視線をデータとしてとりたい

image07.png
image_edited.png
作業者の視点を分析して
業務改善へ

作業者の視線を検知、分析することで、見落としの確認や注目点の傾向を把握でき、業務の改善が可能です。
APIを活用すれば、見落としがあった際にアラームを上げるなど、実作業の品質向上にも貢献できます。

Advantages

​導入メリット

作業効率の向上

業務改善による作業効率の向上

見落とし
防止

作業の見落とし防止(アラーム機能)

ノウハウ
​継承

熟練作業者のノウハウを新人・未経験者に継承

image08.png
 

Other scenes

その他いろいろ活用できます

scene_01.jpg

運転者の視線検知
漫然運転の防止/運転中のアシスト強化

AdobeStock_288090621.jpeg

様々なデータと組み合わせ活用

ビッグデータ連携

アートギャラリー

展示物・展示案内

アミューズメントパークや ミュージアムなど

ビデオゲームコントローラ

ユーザビリティ調査

Webサイトやゲームなど

scene_03.jpg

研究機関

研究機関で視線データ活用

scene_06.jpg

コミュニケーション支援

ハンディキャッパーへの視線によるコミュニケーション支援

Free Trial

無料トライアル

製品デモ、評価版のご案内は無償で行っております。
まずはお気軽にお問い合わせください。